喫茶去ノスタルジア弐号館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

氷点下の視線に晒されて

akame1_convert_20090708115838.jpg

赤い赤い赤い目玉のアカメアマガエルです。現在45らんちゅう+バージョンアップの中で3匹生息中。レインフォレストさんのところで飼って来た子たちですが皆元気にしております。

が、ちょっと気になるのが1つ。
昔、アナキンと名付けたアカメの天然ものは夜な夜な「こわちゃこわちゃ」と「どこの国のオノマトペ?」と銀魂式に突っ込みたくなる鳴き声を上げておったわけですが、この子らちっとも鳴かない。水をかけも口笛を吹いても鳴かない。

・・・わかった、流行の草食系男子ですか。

女の子を口説くよりも家に帰ってニコニコ動画ですか。布団にもぐりこんでお休みなさいですか。僕はチャンプなんだのゲイナーくんですか。それもまた生き方の1つではありますがアナキンを見習ってください。あの意味不明のオノマトペを発してください。楽しみにしてたんだから。

とか思って観察していたんだけど、最近になってよぎった疑念が1つ。

素人の見立てなんで全然確実じゃないんだけど、この脚の長さって実は3匹ともメスなんじゃないすか?もしかして。

だとしたら・・・鳴きませんな。
というわけでハチクラさんに行って天然のオスっぽい個体をセレクトしてきまし・・・嘘です。ドイツ行く前にそんな大それたことできません。でもドイツに行って買ってくることはできるかもしれません。いわゆる手運びですよ。グレイト。

・・・なんてやってると同じ留学先の女子に限りなく氷点に近い目線を向けられそうなんでやりませんけどね。M女史つー女学生がおるんですが、クールでスタイリッシュでインテリジェンスで、なんかどっかの悪魔泣かせアクションの主人公のキャッチコピーみたいな女学生にダメだしされそうだし。
「11号さん、なんていうか・・・まあ、良いとは思いますけど、やっぱりやるべきことはやるべきだと思いますよ」
とか、お前本当に現役学生かってぐらい大人なダメだししてくるんで、多分ミュンヘン空港で係員に「ヤドクガエル一覧表ポスターをくれ」とかねだってる横でアンディ・ボガードを彷彿させる肘鉄入れられそうなんでおとなしくしてます。ちっ。

akame2_convert_20090708120050.jpg

それにしてもやっぱり難なのはアカメの体重を支えきれるだけの植物ってなかなか無いんですね。あっても三ヶ月ぐらいで枯れてしまう。水やりが悪いのかな。ポトスだとちょっときびしそうだし、かといって45だと成長の早いのは天井につかえるしね、さてはて。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/08(水) 12:05:23|
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:3
| ホーム | 多忙さや もはや化石の 我がブログ>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/10/17(水) 18:57:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/10/27(土) 12:08:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/01/16(水) 19:33:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nostalgia11.blog95.fc2.com/tb.php/8-41d807ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/10/26(金) 05:42:44 |

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/10/26(金) 05:42:44 |

プロフィール

Aの11号

Author:Aの11号
東京在住 ちんたらと物書き大学に通いながら蛙と暮らしてる学生

図書館でたまにアルバイトをしながらスターバックスとキャンパスを往復して暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

蛙 (7)
未分類 (0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。